脳科学が認めた休息方法:マインドフルネス~休み方を知らない人のための休み方~

脳科学が認めた休息方法:マインドフルネス~休み方を知らない人のための休み方~

マインドフルネスをご存知でしょうか?

現在、最も注目されている休息方法の1つです。

心身の休め方というと、睡眠が真っ先に思いつくのではないでしょうか。

マインドフルネスは、脳の休息法です。

さあ、今すぐ疲れた脳を休ませましょう。

マインドフルネスとは?

マインドフルネスとはズバリ…

科学的に証明されている脳を休ませる瞑想法!!

スティーブジョブズが実践し、Google,Facebookといった大手企業でも導入されている今大注目の休息法です。

マインドフルネスを習得できれば、疲れづらい脳・刺激に強い脳が手に入るのです!

難しいことは考えず、まず実践してみていただきたい。

マインドフルネスのやり方

椅子に座り、リラックスした状態を作ります。

背筋を程よく伸ばし、手は太ももの上に、足は組まずに肩幅くらい開けましょう。

目を閉じ、ゆっくりと深呼吸します。

息を吸う感覚、吸った息の行き先を感じつつ、ゆっくりと吐き出します。途中息を止める必要はありません。あくまでも自然に深呼吸します。

吸って、吐いて、吸って、吐いて…

さあ、あなたは何分の間呼吸に意識を向けられましたか?

5分以上集中できた方は非常に優秀です!

わたしは最初、30秒ほどで雑念が入り、いつの間にか考え事をしていました。

わずかな時間であっても、呼吸に意識を向けるのは難しいことだと感じました。

大切なことは、今に集中すること。

思考が迷子になるのは決して悪いことではありません。

「あ、今別のこと考えてたわ。」とか言ってまた呼吸に意識を戻せれば充分なのです。

そして、呼吸に意識を向ける時間を徐々に伸ばしていければマインドフルネス大成功です。

マインドフルネスの効果

なぜアメリカの一流企業はマインドフルネスを取り入れているのでしょうか。

マインドフルネスによって得られる効果は一体なんなのでしょうか?

脳はいつでも働き者

マインドフルネスの恩恵を説明する前に、脳の働きについて少しお話しを。

一度椅子に座り、呼吸に集中してくださった方はもうお分かりかもしれません。

呼吸に意識を向けていたと思ったら、いつの間にか違うことを考えてた!

これは何も今に始まったことではありません。

無意識の中で、脳は常に働き、考え事をしているものなのです。

寝る時間をを割り引いても約18時間働きっぱなし。

これでは疲労するのも当然です。

この無意識の思考こそが、疲労の原因なのです。

脳の休め方

もしも、この18時間分のエネルギーを別に利用できたらどうでしょう?

かなりのハイパフォーマンスが可能になると思いませんか?

そう、マインドフルネスとは、この無駄なエネルギー消費を節約するためのものなのです。

しかも、脳は賢いもので、習慣づけで成長していきます。

毎日のマインドフルネスにより、エネルギー節約に取り組む。するとどうでしょう。

毎日の5分の積み重ねが、将来的に18時間分のエネルギーを貯金することとなるのです。

脳を休めるとは、後の活動をよりアクティブにするということなのです!

まとめ

今まで、効率よく勉強する。働く。といった、活動に関する情報はたくさんありましたが、なかなか休み方を教えてくれる情報はなかったように思います。

マインドフルネスは、まさに今の社会に必要な方法であり、みんなが取り組むべきものです。

集中力が続かない。イライラしやすくなった。疲労感が抜けない。

このような症状を抱えている方は、ぜひ一度マインドフルネスに挑戦してみてください。

最初は、如何に雑念が多いかに驚くと思います。

しかしそれは脳の休め方を知らなかったからであり、何も悪いことではありません。

少しずつ、今を感じる時間を伸ばしていけばいいのです。

本記事は、「世界のエリートがやっている最高の休息法」を参考にしています。

物語調で書かれた本書は、小説感覚で読むことができます。

しかしながら、最新の研究結果がふんだんに盛り込まれており、楽しみながら勉強できます。

なぜマインドフルネスが注目されているのか。マインドフルネスによってどう変わるのか。

興味のある方は是非一度、読んで見ていただきたい!マインドフルネスの全てがわかる本です。

みなさんもぜひ、疲れにくい脳を手に入れてください!