【競馬】NHKマイルカップ2019

【競馬】NHKマイルカップ2019

3歳のマイル最強馬決定戦!

データから分析した有力馬を紹介!

有力馬一覧

グランアレグリア

前走桜花賞で圧倒的な実力を見せた最有力ディープ産駒。

東京芝の舞台では2戦2勝であり、安定感は抜群!

NHKマイルカップの1番人気の成績は(5.0.0.5)と極端な結果だが、1.9倍以下の馬に限ればパーフェクト複勝率を誇ります。

今回も1倍台のオッズであれば、期待が高まります。

今までの追い切りを見てみると、

桜花賞(1着) CW 5F-69.0 4F-53.6 3F-40.2 1F-12.7

朝日杯FS(3着) CW 5F-69.2 4F-53.0 3F-39.2 1F-13.0

サウジRC(1着) 坂路 4F-55.0 3F-40.1 1F-12.6

今回の追い切り結果は、

CW 5F-68.8 4F-53.5 3F-38.9 2F-12.4

いい状態を維持できているのではないでしょうか!

実力上位が確実で、軸となる1頭でしょう。

アドマイヤマーズ

距離延長の前走皐月賞では4着ではあったものの、止まることはなく非凡な才能が見えました。

ダイワメジャー産駒であり、マイル適性はお墨付き。力のいる馬場に強いのが特徴で、東京芝との相性は抜群。もし雨でも降ろうものなら信頼度が一気に上がるでしょう。

今年に入ってまだ勝ち星がないが、昨年朝日杯FSではグランアレグリアに勝っており実力は充分。再戦に期待が高まります。

今までの追い切り結果は、

皐月賞(4着) 坂路 4F-53.4 3F-38.9 1F-12.9

共同通信杯(2着) 坂路 4F-54.3 3F-40.2 1F-13.0

朝日杯FS (1着) 坂路 4F-52.9 3F-38.8 1F-12.6

今回の追い切り結果は、

坂路 4F-56.6 3F-41.3 1F-12.9

不良の坂路ということで少し時計がかかっていますが、軽やかなステップで状態は悪くないと思います。

グランアレグリアの対抗馬はこの馬しか考えられない!熱い再戦に期待です。

ファンタジスト

ステルヴィオやアーモンドアイを輩出した、今最も注目のロードカナロア産駒。

ロードカナロア自身は短距離を専門にしており、産駒も短距離適性が高い。

近走は距離延長もあって成績が芳しくないが、1600mは射程圏内。

直線の距離がある東京1600mとは相性がいいと言えます。

前走の皐月賞では13着と大敗を喫してしまったが、これは距離適性の問題であると考えます。また、過去10年のデータから、前走掲示板外の馬が9頭も馬券に絡む結果となっていることからも、チャンスがあると思います。

今までの追い切り結果は、

皐月賞(13着) 坂路 4F-52.3 3F-37.6 1F-12.1

スプリングS (2着) 坂路 4F-50.1 3F-36.9 1F-12.1

朝日杯FS (4着) 坂路 4F-52.8 3F-38.3 1F-12.1

坂路 4F-53.1 3F-38.3 1F-11.9

毎回時計を出す馬なのですが、最後に11秒台を持ってきています。状態は悪くありません。

個人的にファンタジストの最適距離は1400mだと思っているので、前述の2頭には劣るかなという印象を持っています。

ワイドファラオ

ニュージーランドトロフィーを勝利して本レースに臨むヘニーヒューズ産駒。

ヘニーヒューズ産駒の適性距離は1200m〜1400mと言われています。

また、産駒から東京芝1600mの連対が出ていないというのも懸念材料になっております。

とはいえ今までの成績は(2.2.0.0)とパーフェクト連対。前走ニュージーランドトロフィーG2はステップレースであり、期待も膨らみます。

前走の追い切りは、

NZT 坂路 (1着) 4F-56.4 3F-41.5 1F-12.6

坂路 4F-55.8 3F-41.2 1F-13.1

少しフラフラとした走りが気になりましたが、大型馬らしい大きなステップでした。

前で競馬ができる馬で、ハイペースの粘り勝負になれば面白い存在になるかなと思います。

ダノンチェイサー

きさらぎ賞の勝ち馬。

きさらぎ賞2着のタガノディアマンテはスプリングS4着・皐月賞6着。

このことから本レースでも充分戦えると思います。

前走の追い切りは、

きさらぎ賞(1着) CW 5F-68.3 4F-53.0 3F-38.3 1F-11.8

CW 4F-53.4 3F-38.5 1F-11.6

非常にきれいな走りで、伸びのある良いフォームだなと感じました。

勝ち負けできる地力があるかは微妙なところですが、馬券に絡む可能性は十分にあると思います。

Corgiの予想!

◎グランアレグリア

◯アドマイマーズ

今のところこの2頭が抜きん出ています。

他馬はいくつかの不安材料がありますが、この2頭だけ主だった否定内容がない。

雨が降れば印が逆転するかなと思っていますが、朝日杯以来の再戦に熱くなります!!