働き方改革から休み方改革へ。

働き方改革から休み方改革へ。

近年、働き方改革で労働時間が大幅に見直されています。

これにより、自分の時間・家族の時間が増えたという人が出てきているのかもしれません。皆さんはいかがですか?

しかし、声を大きくして働き方改革だ残業の削減だと言っていますが、従来の仕事量が削減されることはなく、ただただ時間だけが削られていくという状況です。

つまり、働く時間は減っているのに、やらなければいけない量は変わらない。

これからの時代に求められるものは効率であるというのが如実にでている政策ですね。

これからの時代、私たちが進むべき道はどのようなものなのでしょうか?

働き方改革の先

これから何年か後には、IT分野の発展により、雑務がどんどんなくなっていくことが予想されます。

雑務の削減により、人がやらなくてはいけない仕事は当然減っていきます。

何年かののちに働き方改革に見合う仕事量に落ち着いた場合、私たちの生活にはどのような変化があるのでしょうか。

自分の時間の増加

勤務時間が短くなる・休日が増える…

そうなれば当然の事ながら、自由に過ごせる時間が増えるということになります。

大切な人と時間を過ごすのもよいし、趣味に没頭するのもあり。

夢のろうな生活が待っているかもしれません。

しかし、皆が皆そのように時間を有効に使えるわけではないですよね。

今まで仕事に時間を費やしてきた方は特に、自分の時間の使い方など検討もつかないという方もいるのではないでしょうか?

10連休のゴールデンウィークのように、一時的な休みはめちゃめちゃ嬉しい!でも、もし継続的に時間ができたら、あなたはどのようにして過ごしますか?

これからは時間をうまく使う技術が必要とされるのです。

働き方でお給料が…

もし今後、週休完全2日制・休日年間130日・残業厳禁となった場合、あなたの給料はどう変化するでしょうか。

残業代が全く出なくなったら、あなたや家族を守ることができるでしょうか?

不安を掻き立てるような言い回しをして申し訳ありません。

ただ、昨今の副業ブームなどから分かるように、多くの方が将来起こりうるであろうリスクに備えているということもまた事実です。

最近では、老後の蓄えが2000万必要であると言われています。

今後は2000万が3000万,4000万と増えていくことが目に見えています。

今後増えるであろう時間をうまく使うために、何かしらの構想は練っておくべきではないでしょうか。

あなたの休みの過ごし方

今年のGWは10連休もありました。

そんな休みなんてないよ!そんな方も、もし休みが10日連続であったらどのように過ごすかを真剣に考えてみてください。

きっと、はじめの数日は旅行等アクティブに動いていたのではないでしょうか。

しかし後半になるにつれて休息モードへ。

休むことは非常に大切です。

ただ、今後増えていく“時間”を休息ばかりに充てるのはもったいないと思いませんか?

もしもったいないかも…と感じてくれたあなたへ

時間の有効活用のお手伝いをさせてください。

本当の意味での働き方改革

私は今後、自宅でできる副業がさらに加速し、本職終了後に副業開始!というような生活スタイルになるのではないかと思っています。

6時まで会社で働き、自宅に帰って8時,9時までパソコンで副業。

そんなサラリーマンが増える気がします。しかし、それでは働き方改革とは?となってしまう。

今準備すべきことは、副業を探し・始めることではありません。

今すべきことは…

不労所得の構築です!!

不労所得は3つのみ!!

今のうちから不労所得の準備を行えば、働き方改革が本当の意味での改革となります。

  1. 株・FX
  2. アフィリエイト
  3. 不動産

1. 株・FX

一つ目の不労所得は株・FX

FXはスキャルピングやデイトレードではなく、スイングトレード・スワップトレードを想像してください。

会社が倒産しない限り、毎年配当金が入ってきます。

ただ、大きな元金が必要なのがネックです。

ボーナス月にどの会社に投資しようか調べ、ボーナスの半分をつぎ込むといった方法があります。

2. アフィリエイト

二つ目はアフィリエイト。

商品やサービスなどを紹介し、報酬として金額の数%をいただくという制度。

営業みたいなイメージですね。

軍資金がほとんど必要ないことや、多くの方にとってネットが身近になってきていることから、近年非常に人気となってきました。

最初はなかなか頑張って書いた記事を見てもらえず、心が折れそうになることもあります。

文章を書くのが好きではない人・金儲け目的で参入された方には継続が厳しいのかなと思います。

3. 不動産投資

三つ目が不動産投資。

最も必要初期投資が大きく、参入に勇気がいる分野です。

ただ、早期リタイヤしている方はほぼ不動産投資を行っています。

つまり、不動産投資が最も効率よく不労所得を構築できるということになります。

近年では不動産バブルが終了を迎え、入居率の低減など逆風が強くなってきいていますが、まだまだチャンスのある分野です。

まとめ

昨今は働き方改革ということで、労働時間の改善が重要視されています。

しかし、労働時間ばかりに目が向けられており、労働内容の改善はまだ行われていないのが現状です。

今後、ITの普及により、雑務が減少し、仕事が減っていくこととなれば、労働時間と労働内容がうまく釣り合います。

そうなったとき、あなたは増えた時間をうまく活用できるでしょうか?

何の心配もすることなく、好きな趣味や休息に時間を充てれるように、今のうちから準備が必要となります。

そのために、今のうちから時間の有効活用をしましょう!